婚活でもうすぐ35歳の女性。でも絶対に子供が欲しいーB-rings NAVI

※本ページはプロモーションが含まれています

女性婚活ブログ

婚活悩み相談

結婚する目的

結婚とは、「目的」を叶える為に必要な「手段」に過ぎません。結婚は法的な結び付きで、結婚生活を育んでいくには二人の努力が必要となります。

結婚する事でパートナーとの絆を深め、家族としての経済的・感情的な安定を築く事が出来ます。この様に、結婚する事で沢山のメリットを得る事が出来ます。

女性が結婚を望む理由の一つに、「子供が欲しいから」という人は多いでしょう。もちろん、未婚でも子供を持つ事は可能ですが、今の日本では未婚で子供を育てるには様々なリスクが付きまといます。

つまり安心して子供を持つ「目的」を叶えるには、結婚という「手段」が必要という事です。

婚活が長期化すると結婚が「手段」ではなく、いつしか「目的」になってしまう事があります。婚活がしんどくなった時は、今一度結婚する「目的」を整理する事をお勧めします。

社会的な期待や文化的な背景によってもたらされる結婚へのプレッシャーが、女性の特定の年齢に集中することがあります。

結婚への焦りを感じる年齢は、個人によって異なるため一概には言えませんが、特に女性は30代に入ると結婚へのプレッシャーを感じ始める事が多い様です。

婚活の場には必ずライバルが存在します。しかし素敵な男性と出会えたのであれば、「婚活ライバル」に勝つ必要があります。

重要なのは、結婚を焦るよりも、自分自身と向き合い、自分の幸せや満足感を追求することです。結婚する年齢は個人の選択であり、自分のペースで進めるべきものです。

それでも子供を望む女性には、確実に年齢の壁が存在します。女性の身体的な特性により、妊娠・出産に適した時期は限られています。

年齢が上がるにつれて、女性の不妊リスクも高まります。一般的に、不妊治療に成功する確率は若い年齢の方が高い傾向があります。

ある年齢を過ぎると、健康上のリスクも高まります。高齢出産は、母体に健康上のリスクをもたらす可能性があります。妊娠中の合併症や出産時の合併症のリスクが増加することがあります。

特に35歳という年齢は、男女共に大きな意味合いを持っています。それは医学的に35歳を過ぎると、妊娠率が低下すると言われているからです。

女性は通常、生殖能力がピークに達するのは20代から30代前半であり、その後は徐々に生殖能力が低下します。

35歳を過ぎると、妊娠確率が低下し、妊娠が難しくなることが知られています。また、年齢が上がると染色体異常や流産のリスクも高まる可能性があります。

35歳を過ぎると妊娠率がグッと低下するのは、ご存知の方も多いかもしれませんね。妊娠率の鍵をにぎるもの、その1つは「卵子」です。では、体の中で「卵子のもと」が最もたくさんあるのは、何歳のときなのでしょうか?

正解はなんと、お母さんのお腹の中にいる頃、つまり、0歳にも満たない頃なんです。グラフの通り、健康な「卵子のもと」の数は、胎生20週の頃にピークを迎え、出生の頃には3分の1程度、初経頃にはさらに減少していきます。

同時に、健康な卵子が排卵される可能性も下がるので、年齢とともに妊娠率が下がることになるのです。妊娠には、タイムリミットがあるのも事実です。

引用元:ロート製薬

\初心者でも安心の全額返金保証あり/

35歳までの出産

35歳を境に妊娠率が下がるという事から、多くの女性は35歳迄には結婚しておきたいと考えます。しかし35歳から妊娠率が下がるのであれば、どれだけ遅くても35歳迄に子供を産むのが望ましいでしょう。

35歳迄に子供を産もうと思った場合、現在標準的な妊娠期間は、約280日(40週0日)とされてます。つまり35歳迄に出産したいのであれば、遅くとも34歳迄には妊娠しておく必要があります

結婚後スグ妊活を始める夫婦もいますが、多くの夫婦はしばらくは二人だけの時間を持つ事を希望しています。

ゼクシィのアンケートによるとふたりだけの楽しい結婚生活を、1~2年は味わいたいと考えているカップルも多いようです。結婚して2人の時間を1年間持つとした場合、遅くとも33歳迄には結婚しておく必要があります。

結婚迄の交際期間は、カップルによって異なります。一概に期間を断定出来ませんが、約1~3年位の交際期間を経て結婚するカップルが多い様です。

そして結婚する相手に出会う迄、平均的な婚活期間は半年から1年とされています。つまり婚活期間に1年を費やすした場合、32歳迄には本命と出会っておく必要があるでしょう。

結果的に35歳迄に子供を産みたいのであれば、遅くとも31歳には婚活をスタートしておく必要があるでしょう。

妊娠率を高めたいのであれば、男性側の年齢も重要になります。当然男性も加齢と共に、子供をつくる能力は確実に低下していきます。

「精子の数」や「活動力」は歳を重ねるほど劣化します。

WHO(世界保健機関)では「1ミリリットル中に精子が1,500万以上、そのうち活発な動きをする精子が40%以上いること」が自然妊娠に望ましい条件とされています。しかし、高齢になるほど精子の数がこの条件に満たなくなったり、活発に動けない精子の割合も増え、自然妊娠が難しくなるのです。

また精子自体が老化、または損傷している割合も増加。そのため、たとえ卵子に受精できたとしても細胞分裂を促す力が衰えているというケースも多くなります。

生活習慣や個人差がありますが、「精子力」が下降するターニングポイントは30代半ばに差し掛かる頃からと言われています。

引用元:出性前診断のこころえ

ある年齢に達すると男性も女性と同様に、子供を作る能力に影響を及ぼすことがあります。以下に男性の年齢が子供を持つ能力に与える影響を示します。

精子の品質:年齢が上がると、精子の品質が低下することがあります。精子の数や運動性、形態に影響を及ぼす可能性があります。

受精能力:年齢が上がると、受精能力が低下することがあります。妊娠率が低下することが報告されています。

遺伝的リスク:高齢の父親による子供の遺伝的リスクが増加することがあります。例えば、染色体異常のリスクが上がる可能性があります。

健康面:高齢の父親は、子供の将来に健康上の問題をもたらすリスクが増加することがあります。

これらの理由から、男性の年齢も35歳以上の場合は注意を払う必要があります。それでも一部の男性は、女性よりも生殖能力が長く持続すると誤解していることがあります。

実際には男性の生殖能力も、年齢によって影響を受けることを理解することが重要です。

医学的に男性の生殖能力も年齢とともに低下する傾向がありますが、多くの男性はどこか他人事と感じています。子供を望む男性は50歳前後になっても、本心では34歳以下の女性を希望しています。

今は30代になっても、20代より綺麗な女性は沢山おられます。しかし子供を望む男性は、見た目年齢より実年齢を重要視します。

見た目が若くても、体は年齢とともに徐々に老化していきます。老化は生物の自然な過程であり、さまざまな生理的な変化が起こります。

細胞の分裂が遅くなったり、組織や臓器の機能が低下したりすることで、体の機能が確実に変化していきます。

心から子供を望んでいるのであれば、やはり一日でも早く婚活をする事をお勧めします。多くの人は新しい物事を始める時、失敗したくないと始める事に二の足を踏みます。

一ヵ月悩んで、一ヵ月後に答えが出るのであれば、一ヵ月悩めばいいと思います。しかし何も始めなければ、ただ一ヵ月無駄に時間が過ぎるだけです。

婚活にお金を使って結果が出なかった時は、無駄なお金を使ったと感じるかもしれません。ただお金は働けば確実に取り戻す事は可能ですが、時間だけはあらゆる方法を使っても取り戻す事は出来ません。

\初心者でも安心の全額返金保証あり/

高齢出産

35歳を過ぎた辺りから「高齢出産」とされ、結婚できたとしても「目的」である子供を授かるのが難しい場合があります。

お互いが子供を強く望んでいるのであれば、是非ブライダルチェックをお二人で受ける事をお勧めします。ブライダルチェックとは、夫婦の生殖能力を評価するため検査になります。

生殖系に問題がある場合、妊娠が難しくなる可能性があります。早い段階で問題を発見し、適切な対策を講じることが重要です。

またブライダルチェックは、妊娠や出産におけるリスク要因を評価するためにも役立ちます。これにより、健康上の問題を予防し、妊娠期間を安全に過ごすための対策を立てることができます。

ただお互い結果が良好であっても、その結果が延々に続くワケではありません。35歳より前に妊活をしていても、妊娠出来ないまま35歳に達する事もあるでしょう。

年齢的に高齢出産となっとしても、女性が子供を授かる方法はいくつかあります。ただし、医学的なアドバイスや個別の状況に応じた治療方法については、専門家である医師や不妊治療の専門家に相談することが重要です。

自然妊娠: 高齢でも自然に妊娠することは可能ですが、年齢が上がるにつれて妊娠の確率は低下します。性行為によって受胎が起こるため、特別な治療は必要ありませんが、妊娠しやすい時期を把握するために周期を追跡したり、健康なライフスタイルを維持することが重要です。

不妊治療:高齢の女性が妊娠を希望する場合、不妊治療の選択肢を検討することがあります。一般的な不妊治療のオプションには、体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)が含まれます。これらの治療は、卵子の受精を補助するために行われます。ただし、年齢が上がると卵子の品質や数量が低下するため、成功率は低下する可能性があります。

卵子提供:高齢の女性が自身の卵子で妊娠するのが困難な場合、他の若い女性の提供した卵子を使用することができます。提供された卵子は受精させて子供を授かることができます。卵子提供には、ドナーの選定や法的な手続きが関わる場合があります。

代理母出産:日本ではまだまだ少ないですが、高齢の女性が子供を妊娠・出産することが身体的に難しい場合、他の女性に代理母として頼むことができます。

また養子をもらうという手段もあります。養子縁組をする手続きは、地域によって異なる場合があります。以下は一般的な手続きの概要ですが、正確な情報を得るためには、地元の市役所や法務局に相談することをお勧めします

養子縁組の希望者は、最初に養子にする子供やその保護者と面接を行います。この面接は、両者が養子縁組に向いているかどうかを確認するために行われます。

養子にする子供の親権者が同意している場合は、養子縁組に関する書類を提出する必要があります。

書類には、養親の家庭環境や経済状況、子供との面接の内容、養親の健康状態などが含まれます。書類審査が終わると、養子縁組の許可が出る場合があります。

許可が下りた場合、家庭裁判所で養子縁組の手続きを行います。手続きの最中には、弁護士の助言を受けることもできます。また、手続き中に必要な費用や書類については、市役所や法務局に相談することをお勧めします。

養子縁組が成立すると、養親と養子は法的に家族となります。養子縁組後も、子供の成長や問題解決のために、専門家の支援を受けることができます。

気持ちの切り替え方法

互いに頑張った結果、子供を授かることができなかったり、死産するという経験は非常につらいものです。そのような状況で、気持ちを切り替えることは容易ではありませんが、時間は止まってくれません。

まずは気を張らずに悲しみや失望は、パートナーと共に全て受け入れて下さい。 悲しみや失望は自然な感情です。

自分の感情を受け入れ、それらを咀嚼することで、心の中での整理が進むことがあります。感情を抑え込むのではなく、感じることを許してください。

特に女性は、身近な人々や専門家のサポートを求めることが重要です。パートナーや家族、友人と話し合い、感じていることや悩みを共有することで、心の重荷を軽くすることができます。また、専門家やカウンセラーのサポートも有効です。

そして、新たな目標や関心事を見つける事が重要です。子供を授かることが叶わなかった場合でも、人生には他の豊かな経験や喜びがあります。

新たな目標や関心事を見つけて、充実感を得ることができるかもしれません。自分の情熱や興味を追求し、新たな活動に取り組んでみましょう。

もちろん楽しい事に逃げるだけではなく、自己ケアに割く時間も作って下さい。自己ケアは心の回復と、感情の切り替えに役立ちます。

適度な運動、良質な睡眠、バランスの取れた食事、ストレス軽減の方法(瞑想や深呼吸など)を取り入れましょう。自分自身を大切にし、心と体の健康を維持することが重要です。

子供を持つことは、喜びや成長の機会を提供することがありますが、例え子供がいない人生であっても、自己の発展やキャリアの追求に集中することができる利点があります。

時間やエネルギーを自己成長やパートナーシップ、仕事に注ぐことができます。また、旅行や趣味の追求、社会的な関係の構築にも充てることができるでしょう。

子供を持たないことによって、個人の自由度や柔軟性が高まり、自己満足感や充足感を得ることができるかもしれません。

妊活の結果授かる事が出来なくても、重要なのは、自分自身の幸福や満足感を追求することであり、他人の期待や社会の基準に囚われる必要はありません。

最終的に、子供のいない人生でも豊かで幸福な人生を築くことは十分に可能です。子供がいないからといって、自分自身や周囲の人々との関係や生活の充実度が劣るとは限りません。

自分自身の望みや夢を追求し、自分自身を大切にすることが、幸せな人生を送るための鍵となるでしょう。

結婚するには交際する事が必要で、交際するには出会いが必要で、出会うには行動が必要です

そろそろ結婚したいと思ったら、まずは結婚情報比較ネット 資料請求から。

\初心者でも安心の全額返金保証あり/

まとめ

以上、この記事では婚活と年齢について書かせて頂きました。

男性と違って女性には、やはり時間というリミットがあります。時間を掛けて相手を選ぶ事は悪い事ではありませんが、相手を選び過ぎると自分の「目的」を達成できない場合があります。

婚活市場において年齢は重要で、今が人生で一番若い年齢となります。悩む前に、まずは行動を起こす事が大切です。

↓↓↓ランキング応援よろしくお願いします


婚活ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました